アメリカのお金、コイン

画像

アメリカに来て、
コインを見ると、数字が書いていない。
どれがどれなの?

まず 左の写真から
「ペニー 」は1セント
次に
ニッケルは 5セント、発音は「ニッコル」に近い
そして、
ダイム は 10セント
最後に
25セントの「クウォーター」

下の写真は 5セントと10セントが逆だから
気をつけて。
ダイムのほうが小さい!

画像


Penny
Nickel
Dime,
Quarter

それ以外にも50セント(ハーフダラー)
1ドルのコインもあるよ。
見つけたら、調べるといい。
たまに シルバー(銀)のクウォーターが見つかるけれど、
お値段は 約3倍。
画像



最近は 各州のクウォーターがでているから 
全部そろえるといいかも。
私ももっているけれど、
こんなコイン収集のがあるよ。
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

田中
2014年07月11日 20:18
アメリカに旅行に行くには知っておかないといけないことですね。特に25セント(クオーター)は日本人の感覚では理解できませんが、良く使われているコインですね。温度(°F)、長さ(inch)、圧力(psi)、重さ(OZ)などなどアメリカは独特です。エンジニア泣かせです。そろそろインターナショナルスタンダードにしても良い頃かと思っています。
シギー
2014年07月12日 00:40
田中さん、
まあ、単位が違うだけなので、
違うのがあったほうがおもしろいかも。
慣れると 普通になります。
それより、日本の台風とかの風速、
なんで時速にしないんでしょうね? 

40mの風速といっても 時速に変換しないと
私はまったく風速が感覚でわかりません。
慣れるとメートルでも 
感覚でわかるんでしょうか?
たなか
2014年07月12日 20:22
シギーさん
確かにその通りです。お国により慣習があると理解することとします。
9月末からの件、みなさん楽しみにしていただいているようです。よろしくお願いいたします。
シギー
2014年07月14日 04:02
Okです。

この記事へのトラックバック