マンダラ  Asian Art Museum of San Francisco

画像


チベットのヒマラヤン仏教徒による
マンダラのデザイン、そしてChanting,
マンダラ切断など。
これらの様子は あとで ビデオにする予定。

画像


素晴らしかったなあ。
言葉ではいい表せないくらい。
サンフランシスコの美術館にて。

カフェの食べ物も 美味しかった。
いつものメニュー以外にも
今日のメニューなんてのもあるし、
美術館を見て そして
食事なら ここがお勧め!


私はインドネシアのチキン料理、タコ そして
タイアイスティ。
画像


いろんな料理があるから、 おもしろいよ。
Teaも いろんなのがそろっている。


今回、このマンダラを作って 壊した後、
マンダラに使用した砂を 
このお坊さんから もらいました。
何でも 大事に持っていると
縁起がいいそうです。


Asian Art Museum of San Francisco
http://www.asianart.org/
The Monks of Drepung Loseling Phukhang Monastery
This August, six Tibetan Buddhist monks will travel to San Francisco from the Drepung Loseling Phukhang Monastery in South India to create a sand mandala for the Asian Art Museum. Over four days, they will meticulously apply powdered pigments to a geometric mandala outline. When they are finished, the monks intend that the sand mandala will generate positive effects that radiate over the entire region. They believe that the mandala's presence will bless both the environment and the beings therein, thus making a Buddhist contribution to world peace. Once the sand mandala has been completed, this painstakingly created artwork will then be destroyed and scattered. To do so spreads the sand mandala's benefits throughout the world. It is also a concrete lesson in the impermanence of all things, a key Buddhist ideal.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

osaru
2012年08月21日 12:35
美術館で世界漫遊できますねぇ~

砂をもらったシギーさんには
どんないいことが待ってるんでしょう~~~?
シギー
2012年08月22日 01:47
osaruさん、
これから 何かとんでもない
いいことが待っているかも。
楽しみですよ。
砂をコーヒーに入れて 
飲んじゃおうって、美術館で冗談いったら
これは飲むものじゃないよって
そきにきていた普通の人に言われたなあ。
冗談なんだけれど,......

この記事へのトラックバック