Dunlap trip ダンラップへのパラグライダー週末の旅

画像

私の家から 4時間近くかけて ダンラップへ着いたけれど、
みんな表情がさえない。

画像


まだ飛んでいないのに、いっしょに車で来たアーネルが
ビールを手に持っている。
私もビール飲みながら、写真とっている。

背後の山はこんなに霧が,....
いつになったら、晴れるのか?
天気予想は晴れだったのだけれど。

画像


ときどき、山の中腹の道路のところまで霧が上昇している。
それで、以前はハンググライダーのテイクオフとしても使われていた
道路わきのその場所へ。
画像


だいたい沈下率が6対1くらいなら、ランディングへいけるそうだ。
まずジェフが飛ぶ。
霧がまた出たけれど、斜面の上沿いを飛び、余裕でLZへ。

画像

そして、ランディやジョージアも飛ぶ準備。

画像

ランディが飛んだところで、この土地のオーナーが突然あらわれた。
「だれの許しを得ているんだ?何か問題があった場合に
 こちらが困る。やめてくれないか!」
ということで、次に飛ぶ予定だったデュティも すぐにウィングをたたんだ。
それから、今度は4500フィートの山の上のテイクオフ地点へ。
画像


最初に飛んだイーアンの上の写真を見て。
雲はほとんどテイクオフ地点と同じ高さ。
少しでも上昇したら、雲の中だ。

画像

でも霧も晴れて、みんなテイクオフ。
LZでは ジェフがジョージアのフライトを無線で教えている。
彼女は4500フィートの高さから飛んだのは 初めて。
うまくランディングもできた。

2日目はこんなに晴れた。

画像

テイクオフ地点も こんなに昨日と違う。
でも、少ししたら、雲にバレー全体がおおわれて日陰に。
画像

帰り道。
いっぱいの虫が 車の正面ガラス(ウィンドシールド)に
なんども ぶち当たっって、こんなになる。

画像


1.今回はアーネル、ジェフ そして 私がキャビンの中で寝た。
2.他のみんなは 外の各自のテントの中。
3.昨年のダンラップ フライトの日記も見てね。
http://sfpara.at.webry.info/theme/2d93504704.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

横G
2009年04月15日 16:47
どこにでも心配性の方は居られるんですねー(笑)。
確かに自分の土地を勝手に使われるのはイヤなんでしょうね、私・貧乏者が言う解釈?ひがみ?(笑)。
雲低が低いときはどうしても雲中に入っちゃう事ってありますよね、でも複数機いる時はBストールでも逃げますけど・・・(>_<)。
どうぞお気をつけて。
シギー
2009年04月16日 06:22
横Gさん、
こちらでは よく裁判ざたになるケースがあります。
そこのオーナーに、
紙面で「私はどんなことが起きても あなたに裁判しない、すべて私の自己責任です」などの契約をすればいいのだけれど。

Bストールで逃げ出しですか。
確かにそうですね。
Bストール、たまに海岸でします。
片方だけを少し引っ張ると そちらの方向に
飛行しますよね。
いつも 気をつけてます。

この記事へのトラックバック