Potato Hill one day trip for Paragliding ;パラグライダー

画像


8月18日、土曜日。
天気:晴天で雲なし。
場所:ポテトヒル サンフランシスコ(SF)から3時間30分くらい。
時間:10時amにLZへ到着。午後2時あたりにSFベイエリアへ帰る。
飲み物:ビール
風:ときどき15マイルの風がLZあたりでガストとなって吹いている。
15マイル/h=6.7meter/s=24.1km/h
Launch(テイクオフ)はリバースランチでもOK。
前回は1度、風なしのフォワードランチ。今回はいい風が吹いている。


週末土曜に、暑いポテトヒル、サクラメントの北西にパラグライダーの旅。
メンバーは写真の通り。
その前日にハリーとアーネルに誘われて。
ただし、ハリーは来なかった。
私は1時間ほど、フライト。
バリオなしで飛んでいるので、
サーマルは感覚に頼っている。

デイブが新しいブーツを履いていた。
いつもは普通のサンダル風な靴をはいて、
リザーブ(予備パラシュート)なしで海岸を飛んでいるけれど。

彼がランチしたとき、
彼がかぶっている帽子が落ちて、ヘルメットなしだと気づいたらしい。
私はてっきり、ヘルメットなしと知っていて、
フライトするんだなあと思っていた。

でも、彼はトップアウト。
はるか上空をのんびりフライト。
ヘルメットは地上に降りたときだけ、必要なものだから、
まったく心配していなかったらしい。

LZしたあと、
みんなでビール飲みました。
暑いところなので、
とてもおいしかった。

今回のメンバーは8人。
またまた国際色豊か。
フランス、ノルウェー、フィリピン、日本、アメリカ、他は忘れた。

来なかったハリーへ何というかをみんなで考えて。
「ハリーを待っていたので、フライトはできなかった!」
ハリーにあったら、そう言うことで一致。

家に帰った私はノルウェー人のエリックとともに、
家でのんびりと またビール飲んでリラックス。
画像


アメリカ一言
アメリカでは、パラグライダーの人口が日本やヨーロッパのように
急速にひろがらない。
どうしてか?
アメリカは日本より、休祭日が少ないというという人もいる。
もちろん、ヨーロッパには日本もかなわないけれど。

ここにも、ヨーロッパから フライトしにくる人たちがいる。
ドイツ、フランス、メキシコと。
今回のフライトも、多種多様の人種。
お互いのコミュニケーションは みんな英語。
まあ、英語ができたら、どこでも問題はないようだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック